「今年こそは英語をマスターしたい!」

そんな素晴らしい目標を掲げている人たちは
ある問題
を抱えているそうです。

 

その問題とは、

楽しく継続することができる
英語学習教材がなかなか見つからない!

というものです。

一度あなたが書店やインターネットを覘けば「良さそうに見える」英語教材や英会話スクールの情報で溢れており、なかなか選ぶことができないのが現状だと言えます。

そんな時に良い教材を選ぶ指標とすべきポイントが1つだけあります。

それは、

その教材を使うことであなたが「継続」できるかどうかをイメージし、自問自答してみるということです。

実は、英語学習が成功できるか否かを決める最も大きな鍵は「継続」にかかっています。英語の習得はどんなに優れた教材を使っても継続しなければ上達することはありません。

つまり、教材を選ぶ際は「継続」できる教材を選ぶことが英語習得への最短距離であるとも言えるのです。

さて、それでは一体どのような教材が「継続」できる教材なのでしょうか?

一般的に継続できる教材は、

✔細かくレベルが分かれている

1つの学習項目が5分以内で終わるようにできている

✔場所・時間を問わずに学習できる

✔勉強の成果を実感できる

 

といった特徴を併せ持っていると言われています。しかし、このような項目をすべて満たしている英会話教材を1人で探して見つけることは時間も手間もかかってしまいます。

そこで今回は、英語学習に必要不可欠な「継続」を最も高い確率で可能にするとっておきの教材をご紹介させて頂きます!

手軽に楽しく学習できるデイビッドセインホストファミリーとは?

おもてなしホームステイとは英語教材のヒットメーカーとしてこれまでに数々の教材を世に送り出し、高い評価を得てきたデイビット・セイン氏が監修した英語教材です。

おもてなしホームステイは反射的に言葉でリアクションを返すための「ネイティブ感覚」を養うことを最大の目的とし、それを実現するために

・細かなレベル分け

・独自の学習メソッド

・場所と時間を問わずに学習できる

という特徴を持つカリキュラムをiPadやスマートフォン、パソコンを使って学習することが可能です。

「出せば当たる」と言われるデイビット・セインの英語教材故に英語業界ではたちまち大きなヒットとなりその利用者は急増しているのです。

それでは「おもてなしホームステイ」は一体どれくらい凄いのでしょうか?

ここではその口コミからその実態を検証していきたいと思います。

おもてなしホームステイの口コミを公開

それでは実際におもてなしホームステイを実践している人たちは本教材をどのように感じ、評価しているのでしょうか?

早速見ていきましょう!

▶Nさん(社会人)

小学生の息子がおもてなしホームステイを自宅で毎日やっており、膨大な英語シャワーを浴びながら確実に成長していく姿に感化されて自分も始めました。レベル別に分かれているだけでなく、学習時間が短く区切られているためにかなり学習しやすいと感じています。スキマ時間などを有効に使うことで予想以上に勉強をはかどらせることができています。今後も息子ともども楽しく成長していきます!

▶Sさん(社会人)

会社でどうしても英語力が必要で困っていた時におもてなしホームステイに出会いました。仕事では残業などが多く、なかなか自由な時間がありませんが、おもてなしホームステイを利用することでスキマ時間を利用して学習できるようになりました。全くの初心者だった私でも1500語程度の単語とその言い回しを覚えることで英語を使ったキャッチボールができるようになりました。今後はもっともっと英語力を磨いて海外駐在のポジションを狙いたいと思っています!

▶Hさん(大学生)

はじめてのStageでは学校のテストのための英吾学習では決して習うことがない基本的なフレーズや言い回しを学ぶことができ他の学習教材にはない魅力を感じました。他のテキストなどにはなかなか乗っていないかっこいいフレーズと出会えるのが楽しくてついつい気が付いたらおもてなしホームステイに没頭している自分がいます。その効果があってか、所属している異文化交流サークルではネイティブの友人と以前とは比べ物にならないくらい受け答えをスムーズに行う事ができるようになりました。もっともっといろいろな言い回しを覚えてかっこよく英語を使いこなしたいですね。

いかがですか?

勿論これらはおもてなしホームステイの実践者の方々のほんの一部ですが高い満足度を示していることが伺えます。

まとめ

英語習得の近道は「継続すること」です。

これ以外に方法はありません。そして、継続するためにはあなたにぴったりのレベルに合った楽しむことができ、さらには効果を実感できることができる教材が必要不可欠です。もし、あなたが本気で英語をマスターしたいと考えるのであれば是非手にとって損はない教材だと言えるでしょう。